コンタクトレンズのメリット

コンタクトレンズのメリット

初めてコンタクトレンズを使われる方は不安もあるかもしれません。でも、心配する必要はありません。
正しく理解したうえで、自分に合ったコンタクトレンズを使用しましょう!

眼科医の検査・処方を必ず受けてからご使用ください

コンタクトレンズは【高度管理医療機器】です。レンズを目に直接入れて使用するものなので、ご利用者によってはコンタクトレンズを使用できない、あるいは使用しないほうがよい病気、環境があります。そのため初めて使用される方は必ず眼科医の検査・処方を受けることが大切です。視力を正しく矯正し、安全に使用するためにも目の形や健康状態を眼科医に確認する必要があります。ご自分の目に適したコンタクトレンズをお使いいただくためにも眼科医の検査・処方を受けてからお使いください。

大切な眼を守る6つのルール

クリアな視界

コンタクトレンズは目の表面を直接覆うため、全ての視界を矯正可能です。また、フレームで視界がさえぎられるメガネの場合、視界は約120度ですが、コンタクトレンズなら約180度のワイドな視野が得られます。

自然な顔の印象

メガネのフレームのように顔を覆うものがないので、素顔の自然な印象を周囲の人に与えることができます。また、コンタクトレンズにしたことで「自分に自信が持てるようになった」という声も多く寄せられています。

解放感が得られる

コンタクトレンズなら、温度差のある場所を移動したり、湯気を浴びたり雨の中でもメガネのようにくもることがありませんし、たびたびレンズを拭く手間もありません。生活の中のちょっとした煩わしさから解放されるのです。

行動的になれる

フレームのズレを気にせずに済むので、汗をかいても支障はありませんし、スポーツをおもいっきり楽しむことができます。コンタクトレンズにしたことで、よりアクティブになったという方も、たくさんいらっしゃいます。

コンタクトレンズライフ

日頃の生活に!

初めてコンタクトレンズを装用した方の多くが、「世の中って、こんなに明るかったんだ!」と感じるそうです。しかも、メガネをかけているときのような装着感がなく、より自然な自分でいられる。視力を矯正するだけではなく、楽しい毎日に欠かせない存在、それがコンタクトレンズなのです。

オシャレ力をアップ!

女性の場合、美しくあるためにメイクにもこだわりたいもの。コンタクトレンズならメイクの支障になりませんし、メイク直しも簡単。サングラスでキメたいときにもノーストレスです。また、カラーコンタクトレンズは、それ自体がファッションアイテムとして、あなたの魅力を引き立てます。

テレビ、パソコン、ゲームの長時間利用にも

左右の視力が極端に異なる方がメガネを使用していると、目に映るモノの大きさが左右で違って見えることから眼精疲労になりやすく、肩がこったり頭痛が起きることも。コンタクトレンズならそんな状態を軽減できるため、仕事や趣味などで長時間にわたって目を使う場面でも集中が続きます。

激しい動きのスポーツに!

メガネよりも広い視野が得られ、激しい動きにもズレたり外れることの少ないコンタクトレンズは、日常的な軽い運動から激しいスポーツまで、しっかりあなたをサポート。汗をかいても気になりませんし、良好な視界の中でおもいっきりスポーツを楽しむことができます。

まずは自分の目について知ろう!

まずは自分の目について知ろう!

瞳の色がひとりひとり違うように、涙の量や目の形(角膜のカーブ)もひとりひとり違います。目的に合わせて、自分の目に最適なコンタクトレンズを選ぶためにも、眼科医の検査・処方を受けてからご使用ください。

眼科医の行う検査・処方について

概ね次のような検査を行い、コンタクトレンズの使用者に適する処方を決定します。

  1. 問診を行い、目の状態や病気の有無などコンタクトレンズの装用に適しているかをチェックします。
  2. 矯正視力を検査し、レンズの度数を確認します。
  3. 目の形(角膜のカーブ)を測定し、コンタクトレンズのカーブ(ベースカーブと言います)を確認します。
  4. 目の表面は涙で覆われているので、その涙の量などを測定します。
  5. コンタクトレンズを実際に装用し、視力やレンズの状態、使い方を確認します。
  6. 眼科医の処方したレンズデータに基づいて、レンズを購入します。
  7. 眼科医から指示された装用スケジュールに従って使用を開始します。